紺屋の白袴!! 我が家は終ぞ後回し軍団ブログ?!

新着情報

平成26年度住宅市場動向調査④リフォ-ム時に、新築時の設計図書等

[新着情報] 2015.07.27

国土交通省の発表から(複数回答)

新築時の設計図書があった

平成22年度 59.6%

平成23年度 52.3%

平成24年度 52.4%

平成25年度 46.3%

平成26年度 52.3%

以上の様な回答から新築時の設計図書(確認申請書)が見当たらなかったという

人が意外に多い。

国内の世帯数が住宅数に対し減少に転じる2015年がターニングポイント。

空き家率「2040年に40%超へ」といわれる今新築時の設計図書は勿論、

リフォ-ム時の図面や写真等の家履歴は記録、保管しましょう。

中古住宅が選別される時代に入った今、建物の履歴記録は自己責任です。手放す時も

格差がでる正当な住宅市場を目指す取り組みが国交省の指針にも発表されて

おります。リフォ―ム等写真提示は我々業者にも責任があります。

こうした情報付で中古建物が売買される事が当たり前になりますので、

設計図書や記録、写真等保管は大事にしましょう。

T.S

 

 

« »

» 新着情報一覧へ

町田市住宅総合センター 〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目3番22号 町田商工会議所内 TEL:042-724-6614 FAX:042-724-6614 http://www.machida-jsc.org