紺屋の白袴!! 我が家は終ぞ後回し軍団ブログ?!

ブログ記事一覧

アスベスト入りの屋根材についての問い合わせ

[住まい・店舗] 2017.09.25

つい先ごろアスベスト入りの公営住宅建物に住んだ

ことで、中皮腫を発生したのではないかという記事

を拝見しました。2005年頃に大きく取り上げら

れたアスベストですが、壁や天井だけでなく屋根材

にも使われていました。

アスベストがはいったスレート屋根はセメントで

ガッチリ成形されており、屋根として葺かれて分

には害がありません。撤去時の割れによる飛散です。

撤去のさいは、防塵マスク着用、袋にいれて処分。

アスベスト入りが全面禁止されたのは2004年、

健康被害の原因は内装部分に良く使われた吹き付け

(耐火性、断熱性等)のアスベストだといわれてます。

 

 

 

 

18号台風の強風に屋根は大丈夫ですか?

[リフォーム] 2017.09.20

日本列島を縦断していった台風18号は東京地区にも

強風をもたらしながら、通りすぎました。

九州地区は川の氾濫をあちこちにもたらし大被害を

あたえました。お見舞い申しあげます。

お隣相模原市ではお風呂屋さんの煙突が倒れました。

年々ゲリラ豪雨や竜巻、がけ崩れ等頻度が増してる

感がいたします。なかなかご自分で屋根に上り点検

するわけにもいきません。

出入りの工務店さん、大工さん、屋根屋さんに声を

掛けての点検をお勧めいたします。

町田市住宅総合センターも創立30年になります。

無料相談会に屋根の状況がわかる図面等お持ちいただ

けましたらアドバイスも出来るかと思います。

T.S

 

 

 

 

東日本大震災後住まいについての意識変化

[住まい・店舗] 2017.09.04

 住まいについては「省エネ性能」「安全・安心」を

 重視する層が増加。

● 建築費がアップしても安全.安心な住宅をという

 意識の変化

      (震災前との比較)

     非常に強くなった21,7%

     少し強くなった 47,1%

●住宅の選定にあっては耐震性能重視という意識の変化

      (震災前との比較)

     非常に強くなった29,6%

     少し強くなった 44、7%

出店:住宅生産振興財団「総合住宅展示場来場者アンケ-ト」

住宅には点検口がとっても大切!

[リフォーム] 2017.09.01

昔から在来木造建築では、一階台所に上げ蓋をつくり床下に潜れる

様にして基礎の点検、配管等をチェックできるように施工していた。

又一、二階押し入れのべニヤ天井を上げて小屋裏等覗いて雨漏りの

点検をしてきた。

二階、三階の建築も増え配管設備、電気設備、冷暖房設備、通信

設備も増え配管、配線スペースを造り点検口つけることも増えた。

照明等もダウンライトも多く使われメンテナンス上やはり必要。

日本も先進国並みに、中古住宅が流通するには双方得心が必要。

TS

 

空き地雑草、ぐんぐん伸びる庭木、隣や道路通行に迷惑かけてませんか?

[エクステリア・ガーデニング] 2017.09.01

庭の雑草、伸びる庭木に主人も年齢のせいか近頃は大変そう!

本職に頼むまでもないと自分でやってた庭木の伐採、雑草取り。

怪我しても大変と、心配する奥さんからそんな電話やメールで

ご相談頂くケースが増えてまいりました。

道路にはみだし伸びる枝木、隣家の雨樋に枝木や葉がたまる。

気が付かないうちに大変な御迷惑をかけてるかもしれません。

現調や見積もりは無料ですし、承諾なしに訪問はいたしません。

T.S

 

 

 

 

 

 

 

 

第59回サイン&ディスプレイショウ 2017.8月31日~9月2日東京ビックサイト

[住まい・店舗] 2017.08.25

59年もの長きに渡るサイン&ディスプレイショウが「東京ビックサイト西ホール」

を会場に開催される。

この展示会はサイン.ディスプレイの制作.施工に必要な資材、素材を一同に集め

業界の新しい情報源、知識提供の場として長年開かれているショウでございます。

店舗併用住宅理.美容室の設備容量チェック

[住まい・店舗] 2017.08.09

中古住宅購入、美容室改造への店舗

相談で、家購入前に是非相談して欲し

かった事、物件が気に入るとどうしても

前のめりになります。現調の結果

電灯、動力の容量不足と排水口の口径

が不足だったのです。幸いに理解ある

不動産業者さんで次の物件探しをお願い

が出来、今も探しているようです。

駅前のテナントビルでもこんな事例が

ありますので我々業者を利用してください。

T.S

 

中古、空き家住宅環境、風景が取引底上げ!

[リフォーム] 2017.08.02

中古住宅や空き家の価格が見えにくい

と一石を投じ、全国的にベンチャーが

生まれ情報提供を売り物にする。

特に空き家問題は不動産価格や街、町内、

環境も劣化させる。

ここにリノベーション業者、リフォ―ム業者

が加わり改築、販売する事で取引、環境を

底上げすれば風景が変わるかもしれない。

来年4月、建物状況調査実施有無記載義務化

[住まい・店舗] 2017.07.05

来年4月より中古住宅の取引現場で

しめされる重要事項説明書に、

インスぺクション(建物状況調査)

実施の有無を記載することが義務化

される。

●住宅の質を調査、売買時の情報に

●建物状況調査は売主と買主の希望

●インスぺクションは建築士が行う

●買主には安心取引が、売主には納得

●家履歴やメンテナンスで価値を維持

空き家増のなか賢い活用になります

 

驚愕(南米産)木材に魅せられて

[エクステリア・ガーデニング] 2017.06.26

町田住宅総合センターメンバーで希有な㈱藍工業さんを

紹介致します。藍工業は施工実績が国内全体である事や

スーパーゼネコン発注等が多いという事もあり、地域

では意外と知られてない。藍工業宮本社長が30数年前に

当時日本人は誰も入っていなかった南米の町に、とても

丈夫な木があると聞いて訪ねて行ったのが縁の始まりだ

そうです。(海の劣悪な環境で100年もグリーンハート

がメンテナンスなしに使われている事に驚愕した)

30年間で築いた信頼関係は良質の木材の開発提供を

可能にし国内の流通、乾燥、施工までを一社で合理的

価格で実現しております。是非藍工業さんの制作作品

はホームページをご覧ください。ビックリしますよ!

 

 

 

 

 

 

町田市住宅総合センター 〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目3番22号 町田商工会議所内 TEL:042-724-6614 FAX:042-724-6614 http://www.machida-jsc.org