紺屋の白袴!! 我が家は終ぞ後回し軍団ブログ?!

住まい・店舗

築20年で無価値?というなら・・、双方が行動を変える? NO2

[住まい・店舗] 2016.12.20

日本の家、築20年で無価値?NO1  の続き。

政府はここ数年中古住宅取引の活性化を推進しているが、欧米では年間の

新築住宅の戸数よりも中古住宅の売買戸数の方が圧倒的に多く、英米では

9割に達するといわれる。

買手側の「性能や質への不安」、「性能、耐震」診断への不納得があり、

一方優良物件の持ち主は不当な安値を嫌い売却をあきらめ、流通が活性化

しない。

結果こころならずも中古住宅は魅力がない物件ばかりという事が定着する。

ここは、売買を希望する中古住宅に

●天井の点検口設置(雨漏り、小屋組)床点検口(基礎チェック)、

壁筋違点検口を設けるようにする等

 

欧米型の「売り手は家をメンテし、買手は質を調べる」という双方が納得

する行動がともなった具体的な例証でないと・・・変わらない?

 

質の高い住宅は資産価値も維持され、高イノベーション対象建築でもある。

五つ星、四つ星とか評価する活性化の表現もいろいろありとおもうのだが?

T.S

 

 

 

 

 

 

 

« »

» ブログ一覧へ

町田市住宅総合センター 〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目3番22号 町田商工会議所内 TEL:042-724-6614 FAX:042-724-6614 http://www.machida-jsc.org