紺屋の白袴!! 我が家は終ぞ後回し軍団ブログ?!

住まい・店舗

すまいのあれ?これ?~琉球畳~

[住まい・店舗] 2015.07.17

(↑畳を入れる向きを変える事により市松模様の様に見えます)

 こんにちは。加藤と申します。

梅雨明けも間近となり、猛暑の日も増えてきました。

近年は住宅の気密性も高くなり、エアコンをつければすぐに涼しい空間が得られますが、私はせいせいと戸を開け放ち、風に揺れる風鈴の音を聞きながら畳の上でごろっと横になり昼寝をしていた子供の頃をことさら懐かしく思い出します。畳のひんやり、さらさらとした感触がとても心地良く感じられたものでした。

最近では洋風のデザインや生活スタイルに合わないとか、畳がダニやアレルギーの原因になる恐れがある、など様々な理由から、新築時に和室をひとつも作らないお施主様も多くなりました。

でも、日本の気候風土に合った建築様式である和室をなくしてしまうのは勿体無い気がいたします。

そこで、本日のご提案は琉球畳。琉球畳とは、通常の畳表より目幅が広く丈夫な琉球表を用いて、縁のない90センチ角程度の大きさに仕上げた畳の通称です。縁がないので洋風の部屋に敷いてもそれほど違和感はなく、おしゃれです。本物の琉球表を用いたものは価格もかなり高くなるのですが、最近は琉球畳“風”の物もあり、本物ほどの耐久性はないものの、価格はリーズナブルです。また、畳床も従来のわらの床だけではなく、ダニやカビ等が発生しにくい人口のものもあります。フローリングに置くだけの手軽な畳風の物ももちろんありますが、 やはりきちんと厚みのある床を用いた畳は感触が違うような気がいたします。

ごろ寝するならやっぱり畳がいちばん!(あくまでも個人的感想です)

 

« »

» ブログ一覧へ

町田市住宅総合センター 〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目3番22号 町田商工会議所内 TEL:042-724-6614 FAX:042-724-6614 http://www.machida-jsc.org