紺屋の白袴!! 我が家は終ぞ後回し軍団ブログ?!

住まい・店舗

耐震工事関心大!されど難しい施工?

[住まい・店舗] 2012.07.20

東日本大震災後、建物耐震や地盤調査、現建物所在地の土地の履歴等の

関心が高まっている。自治体のホームページにマップとして載っており

田んぼであったり、過去に川の氾濫地であったり、土手くずれの恐れなぞ

 

情報がネットのお蔭で手に入る。3.11の大地震で東京、横浜地区でも

ビル、マンション等の大型改修工事、対処法工事が行われ又計画されている。

屋上防水、ALC板、RC外壁のクラック、タイル落下補修で足場工事、防水工事

 

は工事遅れで年内はアップアップの状態、だがこの工事は雨漏り等の対処療法。

問題は耐震工事、構造設計はRC造、S造、SRC造等必至だが殆どの事務所

が意匠中心の一級建築事務所。木造の構造計算にそこまでの要求はない。

 

住宅の耐震工事でも確認がおり施工した年月日や在来工法、ツーバイ工法、鉄骨造

で施工は様々。学校の外壁に見られるゴッツイ補強住宅版もPRされてるがどうか?

内装に触ることなく住みながら工事出来るが「うり」のようだが、外観が痛ましい!

 

外からやるにせよ内壁壊してやるにせよ天井の桁と基礎のコンクリート部分に、

構造板や筋違やブレスを補強しないと強度が心配。殆ど1階部分がつぶれてる

例が多くなんとか逃げおおせる時間が稼げる耐震補強ということにしないと

 

みな新築にしないと補償できない事になるし耐震工事も勧められない面もあり

難しい所、又悪徳業者のつけ入るところでもあり悩ましい。

T.S

 

 

 

 

 

« »

» ブログ一覧へ

町田市住宅総合センター 〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目3番22号 町田商工会議所内 TEL:042-724-6614 FAX:042-724-6614 http://www.machida-jsc.org