紺屋の白袴!! 我が家は終ぞ後回し軍団ブログ?!

リフォーム

我が家の検証‥‥②耐震

[リフォーム] 2014.06.04

我が家は旧耐震基準の昭和56年5月31日以前にたてられた木造建築で

市の簡易耐震診断も受ける、耐震改修工事を検討しようという事に家族の

一致をみたと。平成7年1月に発生した直下方阪神、淡路大震災では旧耐震

基準の木造建築が多く倒れ被害者がでたのだから。

①只考え方として追加工事や予算超過は考えない

②耐震が一番で予算が余れば二番、三番の工事を

という考え方にたったらどうでしょう。

と申すのは予算がある方は建て替え、他所えの移転も考えられるからです。

それと耐震工事は天井、壁、床をすべて解体しなければなりません、そのうえで

柱、基礎、梁、筋違、火打ち、構造用合板床、壁の補強工事になるから費用は

かかります。1階、2階を同様に補強出来れば申し分ありませんが、映像を

みても1階がつぶれるのが先です。1階の工事だけでも逃げる時間を稼げると

思いますので耐震工事はしっかりしたものにしたらどうでしょう。

町田市住宅総合センタ―の月一回無料相談会(町田商工会議所1Fロビー)でも

耐震ご相談に応じております。

T.S

 

 

 

« »

» ブログ一覧へ

町田市住宅総合センター 〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目3番22号 町田商工会議所内 TEL:042-724-6614 FAX:042-724-6614 http://www.machida-jsc.org