紺屋の白袴!! 我が家は終ぞ後回し軍団ブログ?!

エクステリア・ガーデニング

ガーデニングのすすめ その21

[エクステリア・ガーデニング] 2012.07.08

こんにちは。グリーンです。まだまだ続きそうな梅雨の時期。蒸し暑く生活するうえでは、苦労する季節。

庭いじりにも、大変な時期ですね。ちょっと気の抜くと「雑草が゛繁茂し、害虫が闊歩します。」

 そんな中、清涼感のある花が咲き始めます。お薦めの1つが、「西洋ニンジンボク」です。

輪生する葉とライラック色の花には、風か吹いたり、人が揺らしたりしたときに清涼感のあるレモンに似た香りが漂います。

花は、6月末頃から9月にかけて、淡い紫色の円錐花序をつけて咲きます。やや低木としての寿命が短いため、

前年生枝を15cm位切り、3月頃に挿し木にして更新すると良いと思われます。

 ▲西洋ニンジンボク クノツヅラ科 ハマゴウ属 耐寒性落葉低木  Vitex  agnus-castus

       

  その2としては、エキナケア(エキナセア)です。

アメリカ先住民が、汁液を咳止めやのどのただれに用いたとされている植物です。また近年、日本でも

健康維持に役立つと云われ研究されています。花は、60cmから1メートル位にもなり、10cmくらいの花を1つ付け、

筒状で、舌状花は、やや下向きに付けます。花期は、5月から8月頃まで咲き続けます。

  ▲ エキナケア キク科 ムラサキバレンギク属  耐寒性多年草  Echinacea    purpurea

        

 

 

 

« »

» ブログ一覧へ

町田市住宅総合センター 〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目3番22号 町田商工会議所内 TEL:042-724-6614 FAX:042-724-6614 http://www.machida-jsc.org