紺屋の白袴!! 我が家は終ぞ後回し軍団ブログ?!

エクステリア・ガーデニング

ガーデニングのすすめ その8

[エクステリア・ガーデニング] 2011.11.20

こんにちは。グリーンです。

今回は、前述の「植木の新植栽時での支柱を添える」事と共に大切な「十分な水やり」について記述します。

 まず新植栽時での灌水は、前述しましたが、その後、地植えでの特に夏場の灌水は、日が昇る前か、

日が沈んでからが適しています。それは、葉に水がかかり、日の光が当たると水滴がレンズの役割をして、

葉自体を焼いてしまうためで、日の出と日没の実施は、水滴が葉部分全体から地上に落ちるためです。

そして水量については、灌水をした後で植木のし下を手シャベルで掘って自分での量を調べて下さい。

地面の下深くまでしっとりしないと「灌水」の効果はなく、あまり短時間での灌水だと、表面だけで終わり

、深くまで浸透していないと日の光で蒸発してしまい、毎日灌水していたが、枯れたといった具合になります。

 しかし、鉢植えの植物については、夏場は、半日陰に移し、受け皿を添えて、受け皿に水をためるようにする

とよいと思われます。私の場合は、大きなく浅いプラステックの箱(水抜き穴がないもの)に赤土小粒を敷き詰め、

そこに鉢植えを置き、赤土が湿るくらい灌水し、赤土が乾くと灌水をするといった具合に実施しています。

 また鉢植え、地植えにかかわらず基本は、根に灌水することが大事です。

« »

» ブログ一覧へ

町田市住宅総合センター 〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目3番22号 町田商工会議所内 TEL:042-724-6614 FAX:042-724-6614 http://www.machida-jsc.org