紺屋の白袴!! 我が家は終ぞ後回し軍団ブログ?!

エクステリア・ガーデニング

ガーデニングのすすめ その7

[エクステリア・ガーデニング] 2011.11.09

こんにちは。グリーンです。

ガーデニングをしていく時に、必ずといって植えてみたいものに「樹木(苗木、幼木)」があります。

しかしそれらを植えた後に、突然枯れたり、弱ったりしたという声を聞きます。それは、その樹木の植えた時期が悪るかったり、

植える場所の土がよくなかったりしたりと原因は、さまざまですが、一番の原因は、「支柱をしない事と水きめわしていない事」だと

思われます。「水きめ」とは、簡単に云うと「植物」を植えたときに水によって地盤と植物の根の間の空気をなくし、しっかりと根が

地盤に成長させていくことです。ただし、水をやりながら植物を前後左右に揺することを忘れずに。

 また支柱をすることは、樹木が成長していくとき、地盤に根(特にひげ根)を成長させて、より多くの水分を地中から取り込もうとします。

しかし、しっかりと水きめ等がなされていない樹木は、風等により地上部が揺れると、それにより根がきれてしまい、なかなか成長できません。

それを「支柱」をすることによって安定させるわけです。また支柱を竹にすること、縛るのは「棕櫚縄」と「杉皮」でするのは、

時間が経過して、樹木が一人立ち出来るとそれらが朽ちてなくなるためにそれらを使用しているそうです。

 

 

« »

» ブログ一覧へ

町田市住宅総合センター 〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目3番22号 町田商工会議所内 TEL:042-724-6614 FAX:042-724-6614 http://www.machida-jsc.org